ヨガのポーズの名前一覧!ヨガにもいろいろなポーズとユニークな名前があるんです

シェアする

最近、ヨガブームですね。

ヨガを始めたばかりだと、ポーズの名前がわからなくて困ることがあるのではないでしょうか。

ヨガのポーズは沢山あります。

日本語・英語・サンスクリット語

国により呼び方も様々なのです。

 

ヨガのポーズ名を覚えたらもっとヨガが楽しくなる?!

 

ヨガをやっているなら、ぜひヨガのポーズを覚えることをおすすめします。

私も最初のころは、全く覚えられなかったのですが、今ではたくさんのポーズ名がわかるようになりました。

ポーズ名にも意味が込められているので、知れば知るほど楽しくなりますよ。

そこで、ヨガの代表的なポーズを行うポーズを紹介します。

◆下を向いた犬のポーズ/ダウンワードフェイシングドッグポーズ

アドムカシュヴァナアーサナ

アドーは下、ムカは向く、シュヴァーナは犬という意味です。

◆弓のポーズ/ボウポーズ/ダヌラアーサナ

ダヌルは弓という意味で、体全体で弓を形作るポーズです。

背中の柔軟性を高め、体の全面を伸ばします

◆ハトのポーズ/ピジョンポーズ/カポタアーサナ

カポータとはハトを意味しており、ハトが羽を広げた姿に似ているとされています。

胸が大きく開くのが特徴的です。

太ももやお尻のストレッチに効果的です。

◆ラクダのポーズ/キャメルポーズ/ヴシュトラアーサナ

ウトゥトラとはラクダのことです。

ラクダのコブのように胸を上へ築き上げることから名付けられました。

◆バッタのポーズ/ローカストポーズ/シャラバーアーサナ

うつ伏せから足を上げて体を反らす姿が、バッタに見えるポーズです。

シャラバはバッタを表します。ももの裏からおしりにかけて引き締まります。

◆魚のポーズ/フィッシュポーズ/マツヤアーサナ

マツィヤとは、インド神話の三大神のひとりであるヴィシュヌ神の化身。

魚という意味もあります。

仰向けで後屈するポーズです。

◆鋤のポーズ/プラウポーズ/ハラアーサナ

ハラで鋤という意味です。好きの形に似ているためこの名前が付けられています。

首から肩にかけて深くストレッチするポーズです。

◆橋のポーズ/ブリッジポーズ/セツバンダアーサナ

セツバンダで橋をかけるという名の通り、体を橋の形のように反らせます。

胸や首をストレッチし、お尻を引き締めるポーズです。

◆戦士のポーズ/ウォリアーポーズ/ヴィラバドラアーサナ

敵に向かい立ち向かう戦士のように勇ましく足を踏み出します。

力強い戦士になったように力強く取るポーズです。

◆三日月のポーズ/ハーフムーンポーズ/アルダチャンドラアーサナ

アンジャネーヤとは、インド神話におけるサル属の王様の別名です。

三日月を思わせる背中の湾曲が特徴です。

◆三角のポーズ/トライアングルポーズ/トリコーナアーサナ

三角形に全身を広げたポーズです。

ウッティタが広がった、トリコーナが三角という意味です。

◆三角ねじりのポーズ/ツイストトライアングルポーズ/パリブルッタトゥリコナアーサナ

三角のポーズにねじりを加えたポーズです。

パルヴリッタは回転した、裏返ったという意味で、トリコーナが三角という意味です。

◆牛の顔のポーズ/カウフェイスポーズ/ゴムカアーサナ

こちらのポーズは上から見下ろすと、下半身が牛の顔のように見えるといわれています。

全身を使うポーズですので、上級者向きです。

◆ワシのポーズ/イーグルポーズ/ガルダアーサナ

ガルダとはワシを意味します。

また三大神のひとりであるヴィシュヌ神の乗り物として描かれる聖なる鳥という意味もあります。

両手と両足を左右からめ、片足でバランスを取るポーズです。

◆木のポーズ/ツリーポーズ/ヴリクシャアーサナ

ヴィリクシャとは木のことです。

大地にしっかりと根を張り、まっすぐに立つ木をイメージしたポーズです。

次のページではポーズの名前ではなくヨガの重要な基礎用語について紹介します。

シェアする

フォローする