腰痛の原因が内臓疾患かもしれないという話

シェアする

昨今、腰痛に悩んでいる女性も多いかと思います。

実は、腰痛を発症する割合は、男性よりも女性の方が多いんです。

腰痛が起こる原因は数多くあります。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの腰に負担がかかることで起こる腰痛は、整形外科などにいけば比較的原因が分かりますが、腰痛の85%は原因不明といわれています。

また女性が発症する腰痛には、「生活習慣からくる腰痛」、「女性ホルモンの変化で起こる腰痛」、「女性特有の病気からくる腰痛」などがあります。

ここでは、「自分の腰痛の原因は何らかの内臓疾患かも・・・」と不安に感じていらっしゃる方のために少しでもお役に立てたらと腰痛と内臓疾患の関係について説明していこうと思います。

どうぞ、最後までお付き合いください。

【原因不明の腰痛は内臓疾患のサイン?】

腰の痛みが続いたり、耐えられないほどの痛みになった場合は、大抵の人は整形外科などの外科を受診するかと思いますが、しかし整形外科を受診し、レントゲンやMRIなどで、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの原因が特定できるのは、15%ほどだということです。

あとの85%は、レントゲンやMRIなどの機械の映像には映らないタイプの原因不明の腰痛、所謂「慢性腰痛」と呼ばれています。

しかし、慢性腰痛だからといって、あまく考えてはいけません。

原因不明の85%のすべてが、内臓疾患が原因であるわけではありませんが、あまりにも痛みが長く続く場合、内臓疾患が原因であることもあり、また、内臓疾患が原因の腰痛はレントゲンなどでは分からないことも多いため、心配なら一度、内科や大きな病院で診てもらうことをおすすめします。

このことから、次のようなケースも頭に入れておいた方が良いでしょう。

1.腰痛には軟部組織などが原因のものがある。

2.女性の場合は婦人科系の疾患が疑われるケースもある。

3.腰痛が長引く場合には、内科や婦人科を受診することも必要である。

(女性の場合は、婦人科系疾患によって腰痛が起こることも多いです。以前よりも、生理痛が重くなったり、不正出血が増えたりするなど、婦人科系の異常に注意することで、子宮や卵巣の病気がみつかることがあります。)

【腰痛と内臓疾患の関係】

お腹の中の腹腔というスペースの中には、胃や肝臓、大腸などの臓器が、その後ろの後腹膜には、十二指腸や膵臓、腎臓などがあります。

これらの部分に異常があると、背中から腰にかけての部分に症状が出やすいといわれています。腰痛を引き起こす病気の中で一番多いのが、腎臓・泌尿器科系の疾患だと言われています。

腎臓は、血液の老廃物除去をする働きがあるので、働きが悪くなると、体内に毒素が溜まってしまいます。

腎臓そのものに痛みはありませんが、腰痛のほかに、排尿時の違和感、トイレが近い、血尿や食欲不振、発熱などの症状が発生します。

消化器系の疾患では、胃潰瘍がありますが、腹やみぞおち以外に腰の痛みが発生する人がいますが、通常の痛みと違うのは、食事に関連して出てくることです。

十二指腸潰瘍は、空腹時などのお腹がすいている時に、腰が痛くなりますが、肝臓で分泌される胆汁の成分が固まってできる胆石や、発熱が起きる胆のう炎でも腰痛が起こることがあります。

膵臓は、炭水化物や脂質、タンパク質を分解する消化酵素を分泌する臓器ですが、臓器内の細胞の破壊により背中に痛みが発生する膵臓がんなどがあります。

また、女性の場合は、上記のように婦人科系の疾患が隠れている場合もあります。

簡単にまとめると、次の通りです。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする