ストレッチをしている最中に伸ばしている部分が痛い理由とは?

シェアする

ストレッチをしていると、「痛い」と感じること、ありませんか?

いわゆる「痛気持ちいい」がストレッチにはよしとされていますが、実は、それではストレッチの効果が弱まってしまうのです!

ここでは正しいストレッチの方法を紹介します。

ストレッチ中の痛みにはご用心!

「ストレッチでは痛気持ちいいくらいがちょうど良い」なんて、聞いたことがありませんか?痛みを感じながらも、限界までストレッチをしている、なんてことありませんか?

ですが、このストレッチ方法では、実際は身体が硬くなってしまうことがあるのです!

というのは、本来ストレッチはリラックスした状態で行うものだからです。

そうしなければ、筋肉が伸びません。ストレッチ中に痛みが走ってしまうと筋肉が緊張してしまい、本来の目的とは逆に、身体が硬くなってしまうというわけです。

体がかたい、思うように柔軟のポーズができない、無理すると痛む。

この「痛み」にはいくつか理由がありますが、普段動かさない筋肉が無理やり収縮されるために痛みを感じることが多いようです。

痛みの種類のうち、しびれなどを感じたら特に注意が必要です。

うまく伸び切らない筋肉や動かない骨が神経を圧迫し、そのまま続けると神経をすり減らす危険があります。

しかし、痛みを恐れて少ししか筋肉を伸ばさないというのも、ストレッチとしてはあまり効果がありません。

ストレッチをするときには痛みが出る一歩手前までにしておくことを心がけましょう。

身体が硬いと様々な部分に影響してきます。

たとえば、身体が硬いことで姿勢が悪くなってしまうと、血行が悪くなったり、腰痛や肩こりを引き起こすこととなります。このほかにも、身体が硬いことで疲れやすくなったり、お腹が出っ張ってしまうという状態を引き起こす可能性もあります。

ストレッチをすることで、柔軟性を高め、ケガのしにくい、疲れにくい身体を手に入れましょう!

間違ったストレッチと正しいストレッチの違い

ストレッチをやる機会って色々ありますよね。準備運動や健康のための柔軟など…。

しかし、間違った方法でストレッチをしてしまうと、かえって運動のパフォーマンスが低下してしまったり、身体が硬くなってしまうのです。

次に挙げる点を注意して、ストレッチに取り組んでみましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする