背筋を鍛える8個のメリット。背筋トレーニングが絶対に欠かせない理由

シェアする

背筋を鍛えようと思ったことはありますか?

「筋トレ」というと、腕やお腹周りに意識がいってしまい、なかなか背筋を意識することって少ないのではないでしょうか。

ですが、背筋を鍛えるとメリットがたくさんあるんです!

今回はそんなメリットと、簡単な背筋のトレーニング方法をご紹介します。

背筋を鍛えるとどんな効果が現れる?

上の画像、とても素敵な背中だと思いませんか?

筋肉がほどよくついて、背筋もピンと伸びていて…。

こんな格好いい背中になるためには、背筋が必要なのです!

このほかにも、背筋を鍛えるとどのようなメリットがあるのか、それを一挙にご紹介します。

①姿勢が良くなる

背筋を鍛えると姿勢が良くなるのです。

というのは、背筋を鍛える=背中肩甲骨辺りを鍛えるということであり、面積の広い背中の筋肉が鍛えられると、筋肉同士が連携して上半身をしっかり支えることができるようになるからです。

また、背筋をピンと伸ばすことが出来るようになるので、猫背の改善にも役立ちます。

猫背になってしまうと、肩こりや眼精疲労に繋がることもありますので、改善するに越したことはないでしょう。

背筋を鍛えて猫背を解消、そして美しい立ち姿を手に入れましょう!

②ウエストが引き締まる

背筋とウエストって一見関係のないように思ってしまいませんか?

ですが、ウエストはへその辺りをぐるりと一周した時の数値ですよね?

つまり、背筋を鍛えると背中側が引き締まり、結果的にウエストが引き締まるということです。

腹筋と一緒に背筋を鍛えると、引き締め効果はより高まりますので、両方を鍛えることをオススメします。

③逆三角形の体型になる

逆三角形の体型を手に入れると、美しいボディラインを手に入れることが出来るのです!

というのは、逆三角形の体型を持つ人を思い浮かべてみると分かるでしょう。

例えば水泳選手やボディビルダー、女性でもマラソンランナーや新体操の選手はゆるやかな逆三角形の方が多いです。

今挙げたアスリートの方々は、体つきにメリハリがあって美しい体型だと思いませんか?

いきなりあのような逆三角形を手に入れるのは難しいですが、背筋を鍛えることで、少しずつ彼ら・彼女らの体型に近づくことが期待できます!

④ぽっこりお腹を防ぐ

背筋を伸ばせないと、姿勢が悪くなってしまいます。

姿勢が悪くなると、腰が曲がってしまいます。

すると、なんとお腹まで緩んでしまい、ぽっこりお腹が出てきてしまうのです。

つまり、逆に言うと、背筋をぴんと伸ばせるようになると、それにつられてお腹も引っ張られ、ぽっこりお腹になるのを防ぐことが出来るのです。

もちろん、お腹自体に余分な肉がつかないように、腹筋のトレーニングも大切ですので、そちらも忘れずに行いましょう。

⑤基礎代謝を高くできる

ダイエットのためには基礎代謝を上げる、何て話聞いたことありませんか?

というのは基礎代謝を上げると、脂肪は燃えやすくなるからなのです。

つまり、太りにくく痩せやすい身体を作ることが出来ます。

では、基礎代謝を上げるにはどうしたらよいか、ご存知ですか?

重要なのは、筋肉量を多くするということなのです。

背筋は、人間の身体の中でも筋肉の面積が大きい部分です。

そのため、背筋を鍛えられれば基礎代謝を上げやすくなるのです。

⑥実年齢より若く見られる

人間、加齢と共に腰は曲がってきてしまいます。

つまり、腰の曲がり具合が年齢の認識に大きく関わってくるのです。

先にも書いたとおり、背筋を鍛えることによって、背筋がピンと伸びた美しい姿勢を保つことが出来るようになります。

すると、本来腰が曲がり始める年齢であっても、背筋を伸ばしたままでいられます。

したがって、背筋を鍛えることで、背筋の伸びた若々しい印象を与えることが出来るのです。

⑦重い物を簡単に持てる

物を運ぶときに重要なのはどこの筋肉だと思いますか?

実は、背筋が最も使われる部分なのです。

もちろん、物を持ち上げるときなどは腕を経由しますが、力が入っているのは背筋なのです。

よって、背筋を鍛えると重い物でも軽々と運ぶことが出来るのです。

ところで、重たい物を持つとあるあるなのがぎっくり腰。

一度なってしまうと回復するまで生活に苦労してしまうので、極力避けたいところですよね。

そんな方に朗報です!背筋を鍛えていると、ぎっくり腰への予防にも繋がるのです。

ぜひ日頃から鍛えて、ぎっくり腰にならない身体になりましょう!

⑧肩こりや腰痛になりにくくなり、健康な身体になる

背筋を鍛えると、肩こりになりにくくなる効果が期待できます。

というのは、肩こりの原因の一つには、首の下の筋肉(僧帽筋)の血行不良が考えられるからです。

この僧帽筋も背筋の一部です。背筋全体を鍛えることによって、僧帽筋まで血流が良くなり、肩こりが解消されるというわけです。

また、背筋は深層筋、いわゆるインナーマッスルにも繋がっています。

インナーマッスルを鍛えると、腰回りをしっかりと支えることができ、腰痛の原因となる腰への負担が減ります。

したがって、背筋を鍛えることで腰痛を改善することが出来るのです。

さらに、骨盤が矯正されると骨盤のゆがみと共に生じる内臓のゆがみも解消されるので、内臓本来の働きが出来るようになり、病気になりにくくなります。

このように、背筋を鍛えるメリットは非常にたくさんあります!

背筋を鍛えて、若く美しく見える健康な身体を手に入れましょう!

続いては簡単な背筋のトレーニング方法について紹介します。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする