ビギナーからできる。ボールコントロールトレーニング

シェアする

サッカーやフットサルでは、一度のパスミスやトラップミスが命取りになることが良くあります。

せっかく相手陣地までボールを運んでもボールを失ってしまえば、カウンターを食らってしまい、相手にチャンスを与えることになってしまいます。

そんなミスを少しでも減らすために初心者でもできる簡単ボールコントロールトレーニング法を紹介します。

足裏を使いボールに慣れよう


ボールコントロールを上手くするには、とにかくボールに触れてボールに慣れることが大切です。

具体的にどうするかというと、まずはその場でいいのでボールを足裏で前後左右といろいろな方向に転がしましょう。

片足ずつでも両足でも構いません。

転がすときはなるべく大きく転がし、自分がコントロールできる範囲を把握しておきましょう。

そうすることで、ドリブルやトラップをするときにどの位置までなら自分でコントールできるかを瞬時に判断でき、取りこぼしにも素早く対応出来るようになります。

転がしのあとは、足裏でボールタッチの練習です。

これもその場でいいので、右足と左足を交互にボールの上に置いてください。

しっかり置く必要はありません。

足裏にボールが少し触れるくらいのイメージで大丈夫です。

最初はゆっくりでいいですが、慣れてきたら徐々に足を入れ替えるスピードを上げていきましょう。

このトレーニングは、ボールコントロールと同時に足を素早く入れ替えるトレーニングにもなり、切り返しなどに役立つ効果があります。

最後は止まっていた状態から実際にボールを転がし前進しましょう。

両足を交互に使い、ボールをコントロールしながら進んでいきます。

もちろん、使っていいのは足裏のみです。

自分のコントロールできる範囲に上手く転がし、素早く足を入れ替え、またボールを転がす。

これの繰り返しです。

上手くなればリズムよくボールを運ぶことができるようになります。

20mくらい進んだら今度は、後ろ向きでボールを運んでみましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする